自身で起点を作成しアタッカーにも サポート技が豊富なため 起点作成も得意なポケモンです。 ただし、エレキフィールドでないと微妙な威力しか出ないので、 フィールドを書き換えられないように注意を。 もしキュウコンと一緒に選出するのであれば、 晴れが終わった頃に出したい。

18
サンパワー(1. 「 ハイドロポンプ」採用理由は、 苦手なじめんタイプに対抗できるように。 トリルにはバンバドロがマジで強いのですが、眠り粉をされると詰むので眠り粉を防ごうと思いました。

そんな中でも有効な対策を紹介します。 ・を忘れがち へ牽制するのがお仕事 終盤増えてきた晴れパに対してはそこそこ強いパーティなのだが、 にねむりごなを当てられたら それだけでほぼ負けなので選出画面での存在感をアピールしねむりごな牽制する重要な役割もある 浮いている はフィールド補正を受けないので 牽制以外の意味はない 実は を採用したのは最終日当日なので使用感はそこまでわかっていない 選出した数戦では役割を完ぺきにこなしてくれていたので一応期待以上ではあった SMはゲームプレイしていないものの、数少ない本編を視聴したアニメでありとても思入れが強く冠環境で真っ先に使いたいであった、のだけど… が使いやすすぎて終盤までパーティに組み込む検討すらできなかった ですら別の構築に入れたのに… カプコケコに出来ないことがでできるせいで入りを本気で検討している — 黒玉。 エレキフィールドなので、最近はやりのモロバレルの「 きのこほうし」は効かないので、 行動不能になるケースが少ないです。

かわいかったけど、こいつを採用してからはオーロンゲには当たらなかったです。

現段階だと、入手手段が化石からの復元に限られており、どうしてもモンボ固定になる。

15
そんなこんなで中々しっくりこないガバPTでも一応叩きの強さでまあまあ勝てていたのですが、ある日QSさんという方が『純正叩きエルフウイン』という記事を上げられているのを見て一瞬で影響されたのでこの構築をベースとして組むことにしました。

ポケモン剣盾では、素早さ操作がそのターンに反映されるため、この技で素早さを落として隣のポケモンに仕留めてもらう動きが非常に強力です。 あとは ウーラオスとリザードンで狩り切れなかった奴を狩るだけ。 しかも 天候を上書きされる可能性があるので、 自力ですぐに戻れるように脱出パックを持たせます。

18
やむを得ないとき以外はダイマックス切ります。 すばやさがかなり低いので、 攻撃を受けた後に交代できます。

ライチュウの火力を底上げする要員でもあるので、 ライチュウと同時先発率高め。

8
チームID :0000 0005 GPY5 9G 晴れに絶対必要な キュウコン(ひでり)、晴れると圧倒的火力を手に入れる リザードン(サンパワー)、晴れると圧倒的な素早さを手に入れる ドレディア(ようりょくそ)。 猫騙しやほっぺすりすりといった、攻撃技でありながらサポートができる技をそなえており、補助技が採用できないというデメリットをあまり気にせず持つことができます。

バチンウニとの同時先発率が高め。 「 ふいうち」は先制技が欲しかったので。 。

19
これですいりゅうれんだの威力が落ちません。

ただ、ねむりごなは外す確率が非常に高いので、 こうかくレンズを持たせて安心したい。 この環境になってから自分の中で良い結果を残すことができたので、メモがてら記録を残しておこうと思い、記事を書いてみました。 (ダイマックスしていなければ…) そもそも、晴れパを推していきたいので、 苦手な雨パが来ないように、ライチュウ+バチンウニで睨みを利かせています。

そして新600族のドラパルトが袋叩きを使えたのですんなりPTに入ってきました。