2017年にはトランプ米大統領がドローンの規制緩和を促す大統領令を公表するなど、法整備も追い風になると考えられます。

9
資産運用を自動化してくれて、なにもしなくてもいい感じに運用してくる!というアレです。

Kenshoテクノロジーズという会社が提供している指数に連動させます。 なお、単位型投資信託の場合、分配金は再投資されませんのでご留意ください。

一方、もし「1億人の投資術 管理人のおすすめ銘柄指数」というものを作ったらどうでしょう。 eMAXIS Neo 自動運転は、テスラを含め自動運転に関連する会社 22銘柄に集中投資しています。

『eMAXIS Neo』シリーズでは、宇宙開発が1番良いようです。

20
銘柄選定の際、AIが、テーマに関連するビジネスが主要事業である「コア銘柄」と、そうでない「ノンコア銘柄」に分類しており、それぞれの分類において均等比率で構成されます。

「宇宙開発」「ロボット」「遺伝子工学」の3つです。 その分お値段はお高め(一番上のクラスだと13万円くらい)ですが、それでも売れてるだけの理由があるということですね…。

12
また、自動運転技術が利用される「コネクテッドカー」も注目されています。 マネックスアドバイザー• 総合メニュー 株式取引• AIは万能ではありませんが、自分の資産の一部をAIに任せるくらいは投資しても良さそうですね。

運用のすべてをAIに任せるファンドは 日本初とのこと。 テーマ型投信と言えば、先日ブログでこんな記事を書いたばかりです。

3
もし遺伝子工学でその悩みを解決できるとしたら、莫大な利益をもたらす市場になることは間違いありません。 6割くらいがアメリカで、4割がその他の国って感じですね。

最近流行りのAIを取り入れた、新時代のインデックスファンドです。 ぼくが大好きな三菱UFJ国際投信のイーマクシスシリーズ。 日本のお家でそんな広いところはそうそうないため、そんなに恩恵は受けませんが…w ちなみにアイロボット社のロボットはほかにもいろんなところで活躍しています。

こうしてみると、 アメリカの国防に関した企業が多いですね。 価格は44万5千円とお高めですが、高解像度は技術的に可能だと証明されたわけです。