要するに無い物ねだりなんです。 そんな時、私も大親友が下の子で女の子を出産(ちなみに上の子は男の子なんですが) なんとも複雑な気持ちに正直なりました。

16
妊娠・出産・育児ランキング• 男の子だってわかったときはとてもショックでした。

16
女の子の育て方の悩み3:陰口、悪口が多い 女の子の育て方が難しい理由の3つ目は、陰口や悪口が多いということがあげられます。

疎遠になることは無かったです。 自分から仲良くしようとしなきゃ 仲良くしたもらいたいと思うのなら、 自分から、好かれるように仲良くするのです。

15
そうかな 現代の日本の、女の子を望む率は異常ですよね。

。 自分と娘は立ち位置が違うということを意識する• 私自身姉妹で、とても楽しいので子どもも姉妹希望でまさか自分が男の子母になるなんて想像もしていませんでした。 」っていつも娘に私が言っている事…。

小町ではたびたび「男の子が欲しい」という方を見かけますが、私の周りでは一人もいません。

子供もそんなに積極的な方ではなく、おとなしいタイプだったので親も頑張らなくちゃ・・と少しずつ、積極的になって行ったのですが・・・出る杭は打たれる、と言うか・・・女の子のママの中でもボスタイプの人にはとことん、ネチネチやられましたね。

20
ママが我が子に発する言葉を気をつけるという小さな範囲ではなく、大人一人一人が自分の言動を振り返る必要があります。 話をしっかりと聞いてあげる時間を取るようにしましょう。

散髪も、女の子より頻繁にしてあげないといけないし。 。

17
もちろん、この投影がポジティブなものであればOKなのですが、悪い方へと展開してしまうと、悩みの引き金になってしまいがち。

実際そうなのですが、正確にはきっちり半分ずつではないんですね。

3
自分とお母さまとの間の悩みを、今、娘に投影しているかもと感じたら、自分自身とお母さまとの関係を見直すことで、子育ての悩みまでもが解消されることがよくあります。 許せない!」のような心のわだかまりが、• かたや男の子のママは・・・ 元気な男子を叱るときは親も元気?いっぱい。

でもその度に、「考えても仕方がない」と思い、 なんとか表に出さないように生活している。 そして、聞くときは、「どうして?」「何があったの?」のように次々と質問を投げかける「訊く」ではなく、心を傾けて「聴く」ことを意識してください。 なので本格的に主人と相談してやっと二人目を授かりました。

3
男の子は、「(どんなに愛情を注いで育てても)結婚すれば、嫁に取られる」と言う方は多かったです。 「生意気だ」と思うのは、大人のような口をきくからであって、その出所は大人です。

一番の親友は娘二人。

14
バッグはもっぱら、使い勝手の良いリュック派になり、ファスナーでしっかり閉められるタイプがお気に入り。 お腹の中で赤ちゃんは聞いています。