2017年2月17日にのポケモンが初登場した際に実装された。 努力値配分が複雑になる点、HP実質値が2下がる点を考慮し、確定欄はH252ベースの配分とさせていただきます。

18
特性はすりぬけがおすすめ 特性の選択肢はクリアボディ以外の2つ。 中途半端な受けを潰す行動が強い ハチマキと同じ。

技考察• バトル中以外は発動されない。 ほんとはドラパルトで壁を張った後、エース龍舞ドラパルトを使いたいです。

14
オススメの調整先がありましたら本文に追記させていただきます。

ミミッキュが辛い… ミミッキュとはタイプ相性が悪いうえに、ばけのかわがあるせいでタイマンだと絶望的。 だからあえてこちらが呪います。

4
HP実数値が影響するのはナイトヘッド等の定数ダメージがあります。 のみ、このわざのダメージでが消滅した場合はの低下をみがわりで防げない。

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 起点作りに重点をおいた技構成 ドラパルトは技の選択肢が非常に豊富。 先制技のふいうちを覚える点も優秀で、ふいうち圏内に入れられれば相手を縛りやすい。

13
C 攻撃技を使う機会がそこまで多くはないので無振り 攻撃技1枠はシャドーボールが安定するので性格は臆病です。 のろい 受けに来たドヒドイデに打ち込んだり、自主退場して壁ターンを残すのに有効です。

特徴5つ書きますと、 ・先制で壁が張れる ・壁が読まれにくい ・高い火力で先制攻撃できる ・壁ターン消費される相手の受けに対して呪いで牽制できる ・呪われボディで相手のメインウェポンを封じられる です。

12
育成お役立ち• ストーリーお役立ち• あいての ぼうぎょを さげることが ある。

基本的にはすりぬけがおすすめだ。 あいての ぼうぎょを さげることが ある。

17
対戦・育成 対戦お役立ち• ワイルドエリア攻略• 相手の 防御を さげることが ある。

ダイスチルの防御上昇も優秀 そらをとぶ ・で習得 ・主にダイジェットで素早さを上げるのに使用。

環境に多い戦法を両方無効化できるのも、ドラパルトの強みの1つ。 相性のいいポケモン2:積みエース 壁を張った後に積み技をして相手を制圧できるポケモンと相性がいいです。

製品情報• 努力値調整 耐久調整ラインは以下のとおりです。 すりぬけならみがわりを貫通してでんじはやおにびが当たる。

18
持ち物の選択肢が多い 耐久を補助するタスキ、スカーフ持ちポケモンに勝てるスカーフ、火力を高めるいのちのたま、ダイマックスと相性のいいじゃくてんほけんなど、 持ち物の選択肢は多め。

すりぬけも、相手の壁や身代わりに対し呪いがあるので優先度は低いです。 たたりめの威力は相手が状態異常の時に倍になるため、タイプ一致も合わせて威力が195にもなり非常に強力な技となっています。 ダイマックスで使用するとデメリットを無くせる りゅうのはどう ・で習得 ・りゅうせいぐんと比べてリスクがなく安定択 シャドーボール ・で習得 ・ゴーストの一致技。

DLC「冠の雪原」 注目記事• 注目のピックアップ記事• 先発起用メインなのであまり気になることはなかったのですが、カバルドンなど先発に出てきやすいポケモンもいると思うので、PTと相談でいいと思います。